引越料金を抑えるならば、もっとも効果のある方法が繁忙期を避けることです。繁忙期とは引越業者にとって忙しくかき入れ時であり、黙っても引越の依頼があるので、料金を高くしています。繁忙期は引越する人の多い時期のことであり、学生や社会人になる人が多い、3月から4月、そして9月であり、この時期が一年で、もっとも引越料金が高くなります。

時期逆に繁忙期を避けてシーズンオフに引越すると、逆に料金が安くなります。シーズンオフは、夏休みや年末年始です。繁忙期とシーズンオフ以外は、その中間ぐらいの料金になります。引っ越すならば、このようなシーズンオフに利用すると良いでしょう。業者によっては曜日によっても若干安くなり、大安の日が一番高く、仏滅の日が安いということもあります。

とは言っても、スケジュールがあり、引越時期を自由に決められない人もいます。そのような方は、引越プランを考えると、料金を若干抑えられます。引越し単身であれば、基本は荷物が多くなければ、単身パックとなり、引越プランの中でも料金が安いです。そのプランの中でも、朝一で時間指定のプランは料金が高くなります。逆に時間指定せず、昼以降の第二便以降のプランで引越すると、業者も時間にゆとりがでるので、料金を安くしてくれます。さらには混載便というのもあり、これは余ったトラックの、余ったスペースに荷物を入れて運ぶプランであり、わざわざトラックを確保せず済むので、料金を安くしてくれます。


関連記事