単身引越でも、荷物を減らしていくと、中には自分で運べそうな物も出てきます。そのような荷物であれば、自分で運び、大型の家具だけを運んでもらうようなプランを利用するのも良いです。そのプランであれば、数千円台での引越も可能となっており、特に短距離や同一市内での引越などの時に使えるプランです。その木になれば、軽トラックを使い、すべて自分で運ぶという方法もあり、これならば、軽トラックのレンタル料金のみで済みます。自力で荷物を運べないなら、友達に手伝ってもらっても良いでしょう。

引越業者もし引越業者を使うとなれば、どの業者に頼むか決める前に、必ず複数の業者に見積もりをしてもらいます。合見積もりを行うと、業者間の料金を比べることができ、一番安い業者へ依頼できます。また合見積もりすれば、引越での料金相場も、どれぐらいかわかってくるでしょう。もしも気に入った業者があれば、見積もりで他の業者がこれぐらいの見積もりだったので、安くならないかと交渉してみても良いでしょう。見積もりをしてもらうときは、段ボールなどの資材や、洗濯機の取り付けなど、これらはオプションで別料金なのか確認しておきましょう。

引越当日の業者のスタッフも、2人よりも1人での作業の方が料金は安く済みます。当日は引っ越しする本人も積極的に動いて、荷物搬入搬出の作業を行い、業者のスタッフは1人にしてもらうと、スタッフ2人で作業するよりも、1人分料金が安くなります。


関連記事