単身引越でも、荷物を減らしていくと、中には自分で運べそうな物も出てきます。そのような荷物であれば、自分で運び、大型の家具だけを運んでもらうようなプランを利用するのも良いです。そのプランであれば、数千円台での引越も可能となっており、特に短距離や同一市内での引越などの時に使えるプランです。その木になれば、軽トラックを使い、すべて自分で運ぶという方法もあり、これならば、軽トラックのレンタル料金のみで済みます。自力で荷物を運べないなら、友達に手伝ってもらっても良いでしょう。

引越業者もし引越業者を使うとなれば、どの業者に頼むか決める前に、必ず複数の業者に見積もりをしてもらいます。合見積もりを行うと、業者間の料金を比べることができ、一番安い業者へ依頼できます。また合見積もりすれば、引越での料金相場も、どれぐらいかわかってくるでしょう。もしも気に入った業者があれば、見積もりで他の業者がこれぐらいの見積もりだったので、安くならないかと交渉してみても良いでしょう。見積もりをしてもらうときは、段ボールなどの資材や、洗濯機の取り付けなど、これらはオプションで別料金なのか確認しておきましょう。

引越当日の業者のスタッフも、2人よりも1人での作業の方が料金は安く済みます。当日は引っ越しする本人も積極的に動いて、荷物搬入搬出の作業を行い、業者のスタッフは1人にしてもらうと、スタッフ2人で作業するよりも、1人分料金が安くなります。


関連記事

引越料金を抑えるならば、もっとも効果のある方法が繁忙期を避けることです。繁忙期とは引越業者にとって忙しくかき入れ時であり、黙っても引越の依頼があるので、料金を高くしています。繁忙期は引越する人の多い時期のことであり、学生や社会人になる人が多い、3月から4月、そして9月であり、この時期が一年で、もっとも引越料金が高くなります。

時期逆に繁忙期を避けてシーズンオフに引越すると、逆に料金が安くなります。シーズンオフは、夏休みや年末年始です。繁忙期とシーズンオフ以外は、その中間ぐらいの料金になります。引っ越すならば、このようなシーズンオフに利用すると良いでしょう。業者によっては曜日によっても若干安くなり、大安の日が一番高く、仏滅の日が安いということもあります。

とは言っても、スケジュールがあり、引越時期を自由に決められない人もいます。そのような方は、引越プランを考えると、料金を若干抑えられます。引越し単身であれば、基本は荷物が多くなければ、単身パックとなり、引越プランの中でも料金が安いです。そのプランの中でも、朝一で時間指定のプランは料金が高くなります。逆に時間指定せず、昼以降の第二便以降のプランで引越すると、業者も時間にゆとりがでるので、料金を安くしてくれます。さらには混載便というのもあり、これは余ったトラックの、余ったスペースに荷物を入れて運ぶプランであり、わざわざトラックを確保せず済むので、料金を安くしてくれます。


関連記事

単身の引越しで料金を安くするならば、できるだけ荷物を減らすようにします。引越業者を使うとなると、どのトラックを使って運ぶかにより、おおよその料金が決まってきます。単身の引越荷物の量となると、多いと2トントラックのロング、荷物を減らせばショートを使うことができ、さらに荷物が少ないとワンボックスの単身パックが使えます。

荷物引越が決まったならば、まずは部屋の中に荷物を見て、処分できるものは処分します。本当に使う必要なものだけを持って行き、引越先で必要となればその都度買うぐらいの気持ちで、荷物を整理しましょう。特に衣類や雑貨は、意外にも量が多くなっており、何年も着ていないのに保管しているような衣類もあるので、そのようなものは思い切って処分します。目安としては段ボール10個ぐらいであり、その箱に収まるぐらいの量まで整理すると、単身パックが使えて、料金を抑えられます。

ベッドやソファー、椅子などがいくつもあれば、普段使う以外は処分します。大型の家具は、単身パックで運べないとなると、別料金が発生します。安いパイプベッドなどであれば、持って行くよりも、引越先で買った方が安いこともあります。不要なものは処分して捨てることになりますが、引越業者に引き取ってもらうのは、引き取り料金が高いです。近くの処分場に持って行く、買い換えついでにお店で引き取ってもらう、リサイクル券を使い処分するなどすると、安い料金で処分できます。


関連記事